カミソリで脱毛する。


カミソリは電池も要らないですし、手軽で便利ですよね。
気軽に使えるのも人気の1つです。

では、そんなカミソリのメリットとデメリット
そして注意したい事を見てみましょう。

メリット

値段が安く、使い捨てできる。
使用できる期間は短いが、電気代はかからない。
旅行や持ち運びにも便利。

デメリット

1度でも使うと刃が痛む、1ヶ月~2ヶ月で交換が面倒。
また、直接肌に刃物があたるので、肌が傷つきヒリヒリする。

特に刃が悪くなっている場合はばい菌が入りやすい事も。

ニキビが出来た部分を剃ると痛い。

使用する時に注意したい事

肌を保護するシェービングクリームを付けて剃る。

剃ったあとは化粧水やクリームで保湿すれば◎

ヒヤッと冷たいタイプなど様々なシェービングが販売されていますので自分にあったもの選んでみましょう。

シェーバーで脱毛する。

メリット


シェーバーは内側に刃がついているので肌と刃物が直接触れあわないのでカミソリよりも肌に優しいのが特徴です。

デメリット

刃が高速に動くことで毛がひっぱられるので痛みや痒みがある事もあるでしょう。
また、音が煩い商品もあります。

強く押し当てないと、綺麗に剃れないときがあるので切れ味や剃った後の見た目はカミソリの方が良い場合も。

切れ味はピンからキリまで、高いシェーバーを買ったとしても刃はいずれ交換しないといけません。

切れ味が悪いものを長く使ったり手入れが不十分だと菌が発生する恐れがありますので、こまめに手入れをすると良いでしょう。

電動シェーバーでも専用のローションがあります。
滑りを良くし肌を滑らかにするので、おすすめ。

GATSBY (ギャツビー) プレシェーブジェル 140mL 【HTRC3】

しっとり感はあまりありません。
保湿性を求める方よりも、サラサラ感を求める方におすすめです。

サクセス 薬用シェービングジェル スキンケアタイプ 180g

サクセスの方がしっとり感が強いと思います。

乾燥肌の人におすすめですが、どちらもほんの少しの違いしか分かりませんでしたので、お近くの薬局でテスターを試して質感を見てみると良いかもしれません。

脱毛クリームで脱毛する。

メリット

肌トラブルが無い人は、結構綺麗に除毛できる。
さわり心地もツルツルになるので、腕や足の除毛にはおすすめ。
頬ずりしたくなるほど、ツルツルになって気持ちよかった。

その他の部位はおすすめはしない。

デメリット

除毛できる場所が決まっている。(足や腕、わきの下のみなど)
ヒゲなど顔やデリケートな胸などには出来ない。

ヒリヒリ感がある時がある。
肌に合わないと大変。

個人的な体験ですと、毛が針金のように硬い場合はあまり綺麗に出来なかった。
肌が弱い時(日焼け)に使用するとヒリヒリして痛くなってしまった。
傷口が無いか確認するのが面倒。
臭いがクサイ。

間違っても専用のものでない限り、デリケートな部分に使うのはやめた方がいい。
やるなら自己責任で、私は酷くヒリヒリしたので絶対におすすめはしない。
人にもよるが、効果は1週間くらい持続。

除毛クリームは女性用の方が種類が豊富です。
薬局やネット通販、カタログ通販などで購入する事ができます。

メンズボディ むだ毛除毛フォーム N 【HTRC2.1】

脱色剤で脱毛する。

メリット

持続力がある。
刃を使わないので、肌が傷つかない。
ナチュラルな仕上がりになる。
毛が目立たなくなる。
剃るわけではないので、チクチク感が無い。

デメリット

商品によっては臭いがキツイ。
肌が荒れる事がある。
髪の毛を染めるように、無駄毛を染めるので面倒。

脱色剤はその名前の通り、毛の色素を脱色させ無駄毛を目立たなくさせます。
毛が金髪のようになるのでとてもナチュラル。

スネ毛やうで毛を剃る事に抵抗がある人にはおすすめです。

男性用の脱色剤も販売しております。

メンズボディ むだ毛脱色クリーム N【HTRC5.1】

薬局やネットで売っています。

腕と足専用なので、その他の部位は使えません。
デリケートな部分は使えません。

ふざけて 陰毛なんかを染めては駄目ですよ。
数分で毛が脱色されるので、けっこう肌が弱い方にはおすすめしません。

太ももとかはヒリヒリしてしまいます。
説明書をよく読んで使用しましょう。

女性用もおすすめです。

エピラット 脱色クリーム 敏感肌用 55g+55g 【HTRC5.1】 [医薬部外品]

敏感肌用で、上の商品よりも臭いが穏やかです。

うでの毛はよく染まりますが、剛毛なスネ毛はちょっと染まりにくい時もあったかな。

針金のように硬い毛はあまり効果が無いかもしれません。

脱毛サロンで脱毛する。

デメリット

お金がかかる。
予約して来店を繰り返すため時間がかかってしまう。
人に見られるのが嫌いな方や、くすぐったがりな方にはおすすめしない。

メリット

プロに任せるので、自身では脱毛できない場所、背中や陰毛、お尻の毛など丁寧に脱毛してくれる。

脱毛サロンは大きくわけて2種類
光脱毛とレーザー脱毛のお店です。

それではこの2つの特徴をご紹介いたします。

光脱毛

デメリット

1回ではほとんど効果が分からない。
何回も通わないと毛が薄くならない。
時間がかかる。
脱毛に即効性が無い。



メリット

値段がレーザー脱毛と比べると安い。
痛みが殆どない。
肌に負担がかからない。
段々と毛が薄くなっていくので、毛は残したいが毛質を変えたい!自己処理を楽にしたい方にはおすすめ。

体質にもよりますが
1回~4回くらいだと、毛質は産毛の少し濃いくらいになることがあります。
ヒゲの場合は自己処理が楽になり、刃の抵抗も軽減されるとの意見も。

6回~12回くらい続けると毛は弱々しくなり、透明な産毛のようになる場合も、摩擦でも簡単にポロポロ毛が抜けるようになるので、自己処理は殆ど必要なくなることも。

男性脱毛専門店

レーザー脱毛



デメリット

値段が高い。
とにかく痛い。
焦げ臭い。
脱毛後もヒリヒリ感がある。
麻酔を使う事がある。

ヒゲなど濃い部分の毛は特に痛い。

月3,367 円で始めるヒゲ永久脱毛の「ゴリラ脱毛」

メリット


すぐに効果が分かる。
個人差はありますが1回でも毛が細くなるので、何回も病院に通う必要が無い。

上記で説明したレーザー脱毛と光脱毛の他にニードル脱毛という方法があります。

ニードル脱毛は毛穴1つ1つ、毛を一本一本確実に処理する脱毛方法です。
直接ダメージを与えられるのでかなり効果はありますが、痛いのがデメリット。
また技術者が少ないためか、お店が少ないです。

おすすめの脱毛サロン

グラフにまとめてみました。
今回はヒゲのみで比較、その他の部位は店舗のホームページを御覧下さい。
値段は変更している場合があります。(※値段は16年9月更新

お店の名前 月3,367 円で始めるヒゲ永久脱毛の「ゴリラ脱毛」
≪ヒゲ脱毛≫ならメンズラクシア
湘南美容外科 TBCメンズエステ メンズ医療脱毛なら【メディエススキンクリニック】
金額  

ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)無制限(4年間)68,800円

初回9,800円

3,000円
回数無制限
69,800円
月々3,200円
ヒゲ脱毛150本+カウンセリング1,000円
ヒゲ脱毛800本+脱毛特別オーダーメイドプラン93,640円
ヒゲ脱毛(鼻下orアゴ)回数無制限コース月々3,300円
脱毛の種類 レーザー 光脱毛 レーザー ニードル脱毛 レーザー
脱毛できる部位 ほほ・もみあげ
鼻下
アゴ
アゴ下
鼻下
口下
あご
あご裏
おでこ
フェイスライン

両頬全てカバーのお得なお顔全体セット
鼻下
アゴ
アゴ下
自分で好きな部分を選べる。 顔全体
その他 ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)が無制限(4年間)も出来てかなり安い。業界人も多数利用していて実績もあるので安心。 高級感ある内装が特徴。痛みは最小で、初心者におすすめ。 無期限と無制限なので納得できるまで脱毛できるので安心。ただ、このセットはアゴ下、アゴ、鼻下のみ。頬まで毛が濃い人はどうでしょうかね。 他の脱毛とは異なり、一本づつ処理していくので、部位別の値段ではなく、施術にかかる時間や本数なので値段が異なってきます。なので、複雑なヒゲをデザインしたい人にはおすすめです。アゴは半分のこしたい。ここはこうしたい。といったこだわりがある人にもってこい。 部位ごとによって月額制で、回数無制限でできます。レーザー脱毛にしてはかなり安いお店です。
キャンペーン


オトコの根こそぎレーザー脱毛 ヒゲ&カラダ脱毛 メディエススキンクリニック

※内容は変わる場合があるのでHPをご覧ください。 

家庭用脱毛器で脱毛する。

家庭用脱毛器はその名の通り家庭で出来る脱毛器の事です。
エステサロンの脱毛方法と同じで、光を当てて脱毛を行います。
威力はやはりお店のものと比べると劣る気がしますが、根気よく続ける事が大切。



デメリット

肌の調子や日焼けなど、あまり脱毛が好ましくない体調の時でも自分で脱毛を行うため、そのさじ加減が分からない。

強い光で脱毛を行うため、ゴーグルは必須です。
ですが、自分でおこなうため忘れてしまうことも。
目に負担がかかるので必ずゴーグルをつけることを意識して脱毛をおこなう。

背中や太ももの裏など脱毛しにくい場所でも自分でおこなわないといけない。

値段が高い。

怖い。

と言ったデメリットがあります。
光脱毛の仕組みが分からない人はちょっと扱うのが怖いと思います。

メリット

毛がどんどん薄くなるので、使えば使うほど自己処理が楽になる場合があります。
濃いヒゲや顔にも使える商品もあるのでのちのちのシェーバー代や替え刃の事を考えるとお得。
ヒゲに悩んでいる人にはおすすめ。

エステサロンで脱毛を受けるよりも安い。

エステサロン予約がいらない。

家族と兼用できるため値段が高くても割り勘で買える。

といったメリットがあります。
家庭用脱毛器でおすすめなのが、有名なケノンです。
光のレベルが10段階で選べるので、部位によって使いわけられる。
カートリッジの寿命が長い。
デザインがカッコイイ。
ヒゲにも使える。
美肌効果も期待できる。

効果はこんな感じでした。
(半年使用)

すね毛脱毛男性効果

ケノンの効果写真男性のヒゲ

ヒゲよりもすね毛の方がすぐに効果がでました。ヒゲはもう少し回数を増やして使用しないと薄くなりませんでした。すぐに効果が分かるわけでは無いので根気が必要になりますね。

購入するときは、ちょっとサイトがギラギラしていて胡散臭く購買欲が減ったのですが、実際に買ってみたら対応も丁寧でとても良かったです。

いまのところ電気屋さんには置いておらず、ネットでの販売のみらしいです。

ケノンの詳細はこちら>>トリプルショット!1発0.46円激安脱毛☆「ケノン」



つづいて、Panasonic 光美容器 光エステ(ボディ用) ピンク調 ES-WH71-P

こちらは、電気屋さんで購入できます。
アマゾンの方が安い場合があるので、お近くの電気屋さんと比べてみてください。

電気屋さんによっては、テスターをさせていただくこともできます。

ケーブルが短いので、手は簡単に脱毛できますが、足や背中などは使いづらい。

トリマー(毛を剃るシェーバーみたいなもの)もついていますが、あまり綺麗に剃れません。
過度な期待は抱かない方が良いと思いました。

使用部位は限られており、腕、ワキ、脚のみです。
顔には使えない。

強さも選べません。

ケノンと比べると光が弱いように感じました。
しっかりと保冷剤で冷やさないと赤く腫れる事もありました。

値段相応かなと思います。

Pocket