育毛剤の種類は本当に多いですよね。
薬局にいっても沢山種類がありますし、モンドセレクション受賞や楽天などネット販売をも入れたら凄い品数です。

とてもじゃないけど、どれが良くて、どれが駄目で、どの成分が、価格が、、なんてチェックしきれません。

どれが自分に合っているのか?
育毛剤の種類をざっくり分けてみました。

育毛剤の選び方血行促進

血行促進系育毛剤。

血管を拡張して、髪の毛に栄養を送りやすくすると言われているミノキシジルや、炭酸ガスなどで、皮膚を柔らかくし血行を良くするタイプと様々です。

植物由来で、肌に優しいものと様々な商品がありました。

  • 血行促進、細胞活性化、栄養、保湿効果が期待できる育毛剤>>厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA
  • ミノキシジルの3倍効果があると言われているキャピキシル配合の育毛剤>>Growth Project
  • ミノキシジルの3倍効果があると言われているキャピキシル配合の育毛剤>>THE SCALP 5.0C

育毛剤の選び方細胞の活性化

細胞活性化させて、発毛、育毛を促進効果が期待されている、育毛剤は毛を生成する工場組織に刺激を与えてくれるそうですよ。

育毛剤の選び方男性ホルモンの抑制

男性ホルモンを抑制は、副作用として、性欲の減退などがあるそうです。
テストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きでDHTというホルモンに変わると言われています。
DHTが抜け毛の原因ではないか。と言われているので、DHTに変わるのを防ぐため5αリダクターゼの分泌を抑えるそうです。ちょっと難しくてよく分かりませんが、抜け毛の元になっている男性ホルモンを抑えるということでしょうかね。

育毛剤の選び方栄養を与える

栄養を髪に送りやすくサポート。

これは、血行促進系と似ていますね。

  • 血行を良くし、保湿して頭皮環境を整えて、外側から栄養補給のサポート>>RHIZOGAIN(リゾゲイン)
  • 栄養、保湿、細胞活性、血行促進が期待されている。と良いとこどりの育毛剤>>厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA
  • 有効成分が多く含まれている。血行、細胞活性、保湿、栄養と迷ったらおすすめしたい育毛剤>>Growth Project

育毛剤の選び方洗浄

血行を良くしても、栄養を与えても、頭皮環境が汚かったら十分な効果が発揮出来ないかもしれません。

シャンプーやシャンプーブラシなど、育毛専用の商品は様々です。
また、炭酸ガス入り洗浄剤など、爽快感が楽しめる育毛剤も。

育毛シャンプーはもちろん、ノンシリコンのIAUというブランドのシャンプーがおすすめ。
薬局でも売っている場合が多いですが、値段は少し高い。

>>ルベル IAU イオ クレンジング リラックスメント

薬局でよく販売されているタイプは、カンに入っている場合が多く、地肌でパチパチと弾け清涼感が味わえる。有効成分の効果をより感じるためには、優しく頭皮を洗い、毛穴につまった油を落としてから使用すると◎

こちらは女性用頭髪コーナー当たりに売っていますが、もちろん男性用も◎


>>資生堂プロフェッショナル フェンテフォルテ サーキュリストソーダ

サクセスの商品は安くて、基本的にどこにでも売っているから手に入れやすい。
こちらも炭酸ガスで爽快感がある、育毛剤。
朝使用するとシャッキリ!

>>サクセス 薬用育毛トニック エクストラクール 無香料 180g

Pocket